小さなお店でもキャッシュレス決済は可能?

消費税の増税(税率:10%)が、2019年10月1日から施行されることがほぼほぼ決まっており、施工まで1年を切っている現在、軽減税率の話題も合わせてようやくメディアなどでも情報を目にすることが増えてきましたね。

そして、この消費税増税の話題に乗っかって、以下の話題も盛り上がってきました。

キャッシュレス決済が進むのは個人的に大歓迎なのですが、やはり小さなお店などでは、機器の導入、手数料負担、キャッシュフローの悪化などで、導入に二の足を踏んでいるところも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、小さなお店のキャッシュレス決済導入ついて取り上げてみたいと思います。

田舎の小さな中華料理屋にて

先日、普段からよく行っている、昔からある地元の中華料理屋さんで食事をしたのですが、お支払いをするときに以下のように書かれた貼り紙を見つけました。

各種クレジットカード、電子マネー、スマホアプリ(QRコード)支払いに対応しています。

今まではもちろん現金決済のみで、こんな田舎の中華料理屋(個人経営)でクレジット決済や電子マネー決済ができるなんて想像していなかったので、この貼り紙を見たときは正直かなり驚きました。

でも、レジを見てみても特に新しくした様子もなく、「なんでこんなにいろんな決済に対応可能なんだろう?」と不思議に思っていると、レジに以下のステッカーが貼ってありました。

どうやら「楽天ペイ」を導入したようです。
ということで、「楽天ペイ」がどういうサービスを提供しているのか少し調べてみました。

楽天ペイについて

「楽天ペイ」はその名の通り楽天が提供している決済サービスですが、

  • クレジット決済(VISA、Mastercard、AMEXなど6種類)
  • 電子マネー決済(Suica、nanaco、iD、楽天Edyなど)
  • QRコードスマホアプリ決済(楽天ペイ)
  • 各決済手数料は3%代
  • 最短翌日入金

と、かなりの範囲をカバーしてくれて、決済手数料も比較的安いので、今までキャッシュレス決済に二の足を踏んでいたお店などにはとても魅力的なのではないかと思います。

最低限必要な機器も、「専用のカードリーダー」と「スマホもしくはタブレット」だけなので、レジの交換などは不要なため、導入のハードルはかなり低そうです。

なんと言っても、入金が最短で翌日というのが、小さなお店にとってとてもありがたいのではないでしょうか。小さなお店ほどキャッシュフローは重要ですからね。
(ただし、振込先が楽天銀行以外だといろいろ不利になる点も・・・)

いろいろ調べてみて、先ほどの中華料理屋さんでも導入できた理由が、なんとなく分かりました。これなら小さなお店でも導入しやすそうです。

その他キャッシュレス決済サービス

せっかくなので、楽天ペイ以外のキャッシュレス決済サービスについても調べてみました。

AirPAY(エアペイ)

AirPAYは、POSレジアプリで有名なAirREGI(エアレジ)を提供するリクルートが提供している決済サービスです。
楽天ペイと同様に、「クレジット決済」「電子マネー決済」「スマホアプリ決済」に対応していて、決済手数料も楽天ペイとほとんど同じようです。

翌日入金には対応していないですが、月の入金回数は3回または6回(振込先銀行によって異なる)なので、翌月まで入金が掛かってしまうということは無さそうです。
尚、AirPAYは入金に際しての振込手数料が、どの金融機関の口座でも無料なので、新しく口座を開く必要がないのがよいですね。

あと、すでにAirREGIを利用しているところでは、AirPAYとの連携ができるので利用するメリットが大きいかと思います。

Square(スクエア)

Squareは、アメリカ・サンフランシスコに本社を置く「Square, Inc.」が提供している決済サービスです。
こちらも決済手数料はその他2つと同じぐらいのようですね。ただし、「電子マネー決済」「QRコードスマホ決済」には非対応のようなので、そこは注意が必要です。

入金タイミングは、最短翌営業日(注:翌日ではない)なので、キャッシュフロー的には安心できそうです。

まとめ

政府としてはキャッシュレス決済を推進していくことを明言していますので、小さなお店であってもキャッシュレス決済に対応していくことは、今や待ったなしの状況となっています。

キャッシュレス決済のメリットとして、

  • 消費者側
    • ポイントが貯まる
    • 現金を手元に用意する必要がなくなる(ATMに行かなくてよい)
    • お金の動きを電子データとして管理しやすい(家計簿アプリとの連携など)
  • 販売店側
    • 機会損失の減少(現金払いを嫌うお客様を取り込める)
    • 現金締め処理(レジ締めなど)の作業負荷低減
    • お金の動きを電子データとして管理しやすい(会計アプリとの連携など)

などがあるかと思います。

ただし、キャッシュレス対応によって、お店側のキャッシュフローの悪化や利益率の低下を招いてしまわないよう、今回ご紹介したような決済サービスを比較・検討してみてはいかがでしょうか。

ではでは!