ストレングスファインダーで自分の強みを認識してみよう

突然ですがみなさん、ご自身の強みが何かということをはっきりと認識していますか?

「そんなのもちろん!」という方、素晴らしいです。しかし、自分の強みが何なのか分からない、自分の弱みばかりが気になってしまうという人も多いのではないでしょうか。

人間、苦手なものを克服するのって凄くエネルギーが必要ですよね。始めるのも億劫ですし、続けることにも苦痛が伴う。できれば苦手なものには触れないようにしたい・・・

反対に、得意なことって能動的に行うことができるし、長時間・長期間やっていても何にも苦痛に感じない。よく考えると、これって凄いことですよね。

他人にとって苦手で苦痛なことも、自分にとっては楽しくていつまでもやっていられる。

自分の強みを理解するって、とても重要なことだと思いませんか?

そこで今回は、自分の強みが何かを知るための方法「ストレングスファインダー」をご紹介したいと思います。

ストレングスファインダーとは?

ストレングスファインダーは、米国ギャラップ社が提供している「才能診断」ツールです。

いくつかの質問に回答することで、34の資質の中から自身の強みとなるTOP5の資質を知ることができます。

診断を受けるには、

  • 書籍を購入し、付属しているアクセスコードを利用して診断を受ける
  • 公式サイトにて直接診断を受ける
  • スマホアプリをダウンロードして診断を受ける

という方法があるのですが、おすすめは「書籍を購入」する方法です。「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0」という書籍です。

価格的にも安価で済みますし、各34の資質についての丁寧な説明や、資質別の行動アイデアやアドバイスも載っているため、診断テストを受けた後に結果を深掘りするためにも書籍を購入することをおすすめします。

注意

書籍付属のアクセスコードは1回だけしか使えないので、中古本ではなく新品で購入すること!

自分の才能を強みに変える

診断を受けるとTOP5の資質を知ることができます。ここで重要なのは、TOP1だけではなくTOP5を知ることができるということです。

例えば、私の資質TOP5は以下の通りなのですが、

  1. 親密性
  2. 責任感
  3. 適応性
  4. 成長促進
  5. 最上志向

「親密性」という資質が1番になっています。(個々の資質の特徴については、書籍やWebサイトにて確認してみてください)

「親密性」がTOP1という人は、世の中にはそれなりにたくさん居るかと思います。しかし、上記TOP5の順位、組み合わせの資質を持った人というのは、ぐっと少数になってきます。言い換えれば、自分独自のオンリーワンの強みを認識できるということになります。

人と違う強みを認識できるというのは、ビジネスを行う上でもとても大切なことではないでしょうか。

弱みも認識できるとさらに効果的

このストレングスファインダーですが、追加料金を払うことで34の資質全ての順位を知ることもできます。
基本的には強みに注力し、伸ばしていくことが重要かと思いますが、弱みを認識しておくことも効果的かと思います。

今まで苦手としていたことが、順位の低い資質だったとしたら、「やっぱり向いていなかったんだ」と再認識することができますし、そういったことを積極的に誰かにお願いできるようになるかもしれません。(その代わりに自分が得意なことは積極的に引き受ける)

私の場合、最下位の資質は「学習欲」という資質でした。
今まで学生時代も含め、勉強がめちゃくちゃ出来たというわけではなかったですが、クラスの中では上位の方には居たこともあり、勉強は得意な方なのかなと思って生きてきました。

しかし思い返してみると、学習欲という欲求から勉強することって少なかったかなと、、、

テストや受験があるから勉強する
仕事で新しい技術に取り組むために勉強する
誰かからのお願い事を解決するために勉強する

勉強して知識を蓄えることに喜びを感じるよりも、何か目的を達成するために勉強をしていたなあと。
これはストレングスファインダーの結果を見て、初めて認識することができました。

こういった今まで認識できていなかった強み/弱みに気づくことができることも、ストレングスファインダーを使うメリットになるかと思います。

まとめ

今回ご紹介したストレングスファインダーを利用することで、自分独自の強みを認識することができるようになります。これからは多様性の時代と言われていますが、自分の強みを正しく認識できていない状態では、そのような時代で力を発揮していくことが難しくなってしまうのではないでしょうか。

自分の強みを認識した上で、武器を磨き、社会に貢献していく。「みんなが活躍できる社会」。理想論ではありますが、そんな社会になればと願ってやみません。

みなさん、自分の強みをどんどん発揮していきましょう!
ではでは。

ちなみに、私の34全ての資質順位を、プロフィールページに掲載しています。
よかったらご覧ください。